大鵬の孫・納谷改め王鵬が関取に…坊ちゃん気質改善なるか

公開日: 更新日:

 偉大な祖父を持つと大変だ。

 25日の番付編成会議で、十両昇進を果たした納谷改め王鵬(20)。祖父は昭和の大横綱、大鵬とあって、王鵬が語られるときは必ず「大鵬の孫」と枕がついていた。

 それだけ期待が高い証拠でもあるが、本人とすれば、いつまでも孫、孫と言われるのもシャクだろう。そもそも四つ相撲の大家だった祖父に比べ、自身は押し相撲。

高校同級生の琴勝峰よりワンランク下

 今回の関取昇進を機に「王鵬」というひとりの力士として一本立ちできるか。

 ある親方は「どこまで自分を追い込めるか」と、こう続ける。

「王鵬は191センチ、170キロの大器。20歳で十両昇進とはいえ、幕下上位で苦戦していた。その理由を一言で言えば、お坊ちゃん気質。もちろん、本人としては猛稽古をしてるつもりだっただろうし、自分がお坊ちゃんと思ったこともないでしょう。でも、どこか体格と素質に甘えていたフシがある。腰高や脇の甘さがなかなか直らず、負けるときは簡単に懐に入られてしまっていた」

 埼玉栄高相撲部の同級生、琴勝峰は角界でも「ケガさえなければ横綱昇進は間違いなし」と前評判が高い一方、王鵬は「三役は確実、大関の素質はある」と、ワンランク下がる。

「その琴勝峰と、『朝青龍の甥』豊昇龍が先に入幕しましたからね。相当奮起したはず。11月場所は打って変わって厳しい相撲を見せていた。幕下で苦戦し、地力をつけた力士は十両を早く通過できる傾向がある。とにかく、今は得意の突き押しを磨くことです」(前出の親方)

 誰の孫だろうが、努力に勝るものはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る