六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

明治大学が設立した「サッカーマネジメント」を注視したい

公開日: 更新日:

 2019年シーズンはリーグ戦、総理大臣杯、インカレ(全国大学選手権)の主要3大タイトルに加えてアミノバイタル杯(総理大臣杯予選)と東京都トーナメント(天皇杯予選)の5冠を達成したのが、明治大学サッカー部である。

「明大最強世代」と言われた昨シーズンは9選手がJリーグ入りし、FC東京の安部と中村、鳥栖の森下の3人は千葉・JFA夢フィールドで27日まで行われた東京五輪代表候補のキャンプに参加した。

 今シーズンは新型コロナウイルスの影響でリーグ戦の開幕が遅れ、会場も茨城県に変更になったり、無観客での試合開催になったり、何かと気忙しいシーズンとなった。「コロナで活動ができず、各自がバラバラで準備した」と明大サッカー部の栗田監督は振り返るが、明大は初となるリーグ戦の連覇を見事に達成。2021年1月7日から始まるインカレでも、同大初の連覇を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る