武闘集団ヘタフェで久保とアレニャの強力タッグ成立するか

公開日: 更新日:

 スペイン1部ヘタフェでの移籍デビュー戦で活躍した日本代表MF久保建英(19)だが、3つのラッキーが重なったことを忘れてはいけない。

①対戦相手のエルチェはリーグ降格圏内18位に低迷中
②後半7分にエルチェMF1人が退場
③ヘタフェ選手の執拗なプレスにエルチェ選手は疲労困憊

 後半19分にピッチに送り出された久保は、持ち味のテクニックとスピードを発揮しやすい状況だったというワケなのである。

 久保が8日にビジャレアルから移籍したヘタフェは「スペインにしては珍しく、ハードワーク&ハイプレス系の選手が大半を占め、テクニカルな久保は異質の存在といっていい」(元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏)。DFはもちろん、FWやMFも執拗にボールを追い掛け回し、足元に警告覚悟のアタックを繰り返す。ボールを奪うとシンプルに前線に放り込み、競り合いの中からシュートを狙っていく。そんな武闘派集団であるヘタフェにあって、久保の役割は<ドリブル突破を仕掛けてシュートを狙う><攻撃にアクセントをつけながら味方に絶妙なラストパスを送る>。ひとりでは荷の重いミッションだが、久保が移籍する2日前に強力な援軍が加わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る