中日ドラ1高橋「セで最も活躍する新人」の評判は本当か?

公開日: 更新日:

 今季の12球団の新人は大学、社会人の「即戦力組」が中心。育成重視の球団が高校生を1位指名した一方で、コロナ禍で春夏甲子園が中止となり、高校生のアピールの機会が限られたことが背景にある。

 複数球団が競合した阪神の佐藤(近大)や、楽天の早川(早大)のように、1年目からの活躍が期待される選手が多い中、スカウトからは「セ・リーグに限って言えば、中日1位の高橋宏斗(中京大中京)が最も活躍するかもしれない」との声が出ている。

「昨年、仮に甲子園が開催されていれば、超高校級として数球団が競合していたことでしょう。2年時の明治神宮大会優勝の実績はもちろん、昨夏の甲子園交流試合では延長10回、149球を投げて完投勝利を挙げた。最速154キロを誇る真っすぐとカットボールがいいだけでなく、スタミナが豊富。いわゆる『エンジン』の大きさは2019年夏準優勝投手の奥川(19年ヤクルト1位)以上でしょう。奥川や、163キロ右腕で『令和の怪物』と言われる佐々木(19年ロッテ1位)よりも完成度は高く、高校では最高学年になってから一度も公式戦で負けていない。下半身の使い方など、改善した方がよい部分はありますが、かつての田中将大(楽天、ヤンキース)のように1年目からローテ入りして結果を残したとしても、決して驚きはしません」(在京球団スカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る