大栄翔がストレート給金 躍進支える“ネズミ”退治と経験値

公開日: 更新日:

 苦戦しながらもストレート給金を手にした。

 速射砲のような突っ張りを武器に、初日から3大関を破り、関脇、小結も蹴散らした前頭筆頭の大栄翔(27)。17日は輝の攻めに泡を食ったのか、土俵際まで押し詰められた。それでも上体をのけ反らしながら残し、突っ張る輝の腕をたぐると、とったりで勝負を決めた。

 これで勝ちっぱなしの8連勝。他に無敗力士はおらず、優勝戦線の先頭に立っている。

 それにしても驚きの強さである。先場所も幕内上位で10勝5敗と健闘したが、上から落ちてくる力士もおらず、三役昇進はかなわなかった。以前から定評があった突き押しは、その先場所よりもさらに威力を増したようにも見える。

 角界OBが言う。

「昨年、右ヒジを手術したのが大きい。大栄翔は右ヒジ痛を抱えており、本人も『力が入らなかった』と後に振り返った9月場所は5勝10敗。そこで思い切って右ヒジの遊離軟骨除去、いわゆるネズミ除去の手術をした。先場所は手術後初めての本場所だったものの、いざ相撲を取って不安も解消されたのでしょう。突っ張りの威力を維持したまま回転が速くなったのは、それこそ稽古に集中できたからではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  3. 3

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  6. 6

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  7. 7

    コロナ死1万人増の最悪シナリオ 逃避変異に感染研が警鐘

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

もっと見る