レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

公開日: 更新日:

 スペインのレアル・マドリードが、世界に名だたる<名門クラブ>という金看板に泥を塗った。

 日本時間21日早朝キックオフの国王杯3回戦で3部アルコヤーノと対戦し、延長の末に1―2で敗れ去ったのである。

 レアルは格下相手に一部主力を温存。前半終了間際にレアルが先制。後半もゴールを重ねると思われたが、後半35分に同点に追い付かれ、延長後半5分に相手に退場者が出たのにその5分後、決勝ゴールを奪われた。

 地元メディアは「指揮官解任の運命が待っている」とジダン監督の去就に言及し、後半途中から出場して低パフォーマンスに終わったベルギー代表MFアザールは「恥知らず」と酷評された。地元有力紙「AS」はアザール、FWベンゼマ、MFイスコといった実績のある選手に採点「0点」を付けてこき下ろした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る