秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

2012年春のキャンプで“特殊”な投内連携を試してみた

公開日: 更新日:

 巨人で初めて迎える2012年の春季キャンプ。原辰徳監督に「好きなようにやっていいよ」と言われた私は、バッテリーコーチの仕事からはみ出ているかもしれない“特殊”な投内連係を練習で試してみることにした。

 原監督はコーチのポジションを取っ払うことに積極的な指揮官だ。「抑え(投手)は誰がいいと思う?」や「一塁に誰を入れる?」など私の持ち場以外のことにも意見を求め、尊重してくれる監督である。

 今年の巨人は「野手総合」が6人、その他に「ヘッド」や「野手チーフ」コーチもいる。当時から首脳陣が走攻守の全ての部門で意見を出し合うことを理想としていた。他球団を見渡せば、「自分のポジション以外は口を出すな」という指導者が多い。原監督には「チームが良くなるためのコーチングスタッフを選んでいる。それぞれのコーチみんなが話し合って良くしていけばいい」という考えがある。球団によっては「責任の所在が曖昧になる」という意見もあるが、私は原監督のやり方の方が、選手もコーチもやりやすいと感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る