“ポスト菅”筆頭 河野太郎はワクチンでコケたら陸連会長へ

公開日: 更新日:

 困難を伴う一大事業である。

 コロナ対策の失敗で支持率が急降下している菅総理。「感染対策の決め手」というワクチン接種の陣頭指揮を託したのが、河野太郎行改担当大臣(58)だ。

 新たにワクチン担当大臣に任命された河野氏は、「ポスト菅」の筆頭候補だ。しかし、コロナワクチンに関しては、供給量の確保や運搬、接種時期、接種する医師や看護師、接種場所の確保など難問は山積している。

 一連のコロナ対策は後手後手で、老人が牛耳る政治にも辟易している多くの国民は、行動力や発信力のある河野氏に期待する声は多い。「次期総理」のアンケート調査でも、「河野太郎」の名前は常に上位にランクされている。

「問題はマニュアルのないワクチン接種事業です。河野大臣がここでつまずけば国民人気も自民党内の評価もガタ落ち。総理候補から名前が消える」(自民党関係者)とみる向きもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る