川淵三郎氏の“一日天下”にサッカー関係者が安堵したワケ

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会(JFA)とJリーグの職員は、11日午後から12日にかけて、気持ちが乱高下して大忙しだった。JFA会長、Jリーグ初代チェアマンなど要職を歴任した川淵三郎氏(84)の東京オリ・パラ組織委員会の<会長就任を受諾><就任要請を辞退>発言に振り回されたからだ。

 女性蔑視発言で辞任やむなしとなった森喜朗会長(83)は11日、早大の同窓にして昵懇の間柄の川淵氏と極秘裏に会談。

 同日の夕方以降、テレビのニュースは川淵会長就任一色となり、千葉市内の自宅前で報道陣に囲まれて「人生最後の大役。ベストを尽くしたい」とヤル気満々だった。

 が、「記者に囲まれ、目立つことが好きな川淵さんが上機嫌になって口が滑らなければ……」(JFA職員)という懸念が現実のモノとなる。

 11日の夕方、川淵氏が「森さんに相談役就任を要請したい」と言い切ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る