秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

14年は二軍で育成のはずが 「8月から一軍に」と緊急招集が

公開日: 更新日:

 監督には契約年数がある。日本一になれなかったときは、コーチが責任を取るべきというのが持論だ。巨人の一軍バッテリーコーチだった2013年は、リーグ連覇を果たしたものの、日本シリーズは楽天に3勝4敗で敗れた。先月、8年ぶりに電撃復帰した田中将大が、米ヤンキースに移籍する前の最後の年である。

 敗戦の夜、宿舎の食事会場で原辰徳監督に「来年どうしたい?」と聞かれ、驚くと同時に、ピンとくるものがあった。

「もうジャイアンツに必要ないということでしたら、クビで仕方ないと思います」

「そっか。分かった」

 中日コーチ時代の06年もリーグ優勝をしたにもかかわらず、日本一になれなかったことで、「契約は更新しない」と言われた。

 またか――。それでも原監督に「残してください」と頼むのは筋違いだと思った。リーグ連覇とはいえ、日本一にはなれなかった。誰かが責任を取らないといけない。そう自分に言い聞かせた。すると数日後、原監督にこう言われ、胸をなでおろした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る