高梨は世界選手権で無念の銅…北京メダル争いライバル続々

公開日: 更新日:

 ノルディックスキーの世界選手権(ドイツ・オーベルストドルフ)は日本時間26日未明、ジャンプ女子個人ノーマルヒル(ヒルサイズ106メートル、K点95メートル)決勝を行い、予選1位通過の高梨沙羅(24)が1本目104メートル、2本目100メートルを飛び、合計276・3点で3位。2017年フィンランド・ラハティ大会以来2大会ぶりの表彰台に立ったが、五輪、世界選手権合わせて日本勢女子初の個人金メダルはならなかった。

「風が目まぐるしく変わる中で誰が勝つか分からなかったが、やるべきことはできた」と振り返った高梨。今季のW杯で3勝をマークし、19日のルーマニア・ルシュノブ大会では、男子も含めて最多となる通算60勝目に到達した。3大会連続出場が見込まれる来年2月開幕の北京冬季五輪では、過去の大会同様、金メダル候補の一角に挙げられている。

 3度目の大舞台まで1年を切り、高梨は「当然、目標はそこ(金メダル獲得)」と話しているが、北京では新鋭や伏兵に足をすくわれかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る