中日・根尾「遊撃レギュラー」狙うも…忍び寄る2人の後輩

公開日: 更新日:

 大阪桐蔭高時代の2018年に春夏甲子園連覇を達成し、鳴り物入りでプロ入りしてからはや3年。中日根尾昂(20)は今キャンプで、本職である遊撃レギュラー奪取を目標に掲げている。

 正遊撃手の京田陽太(26)は打撃に課題があるものの、守備力が高い。根尾がポジションを奪うには、打撃で結果を残さないといけない。今季初の対外試合となった13日のDeNA戦では3安打をマークするなど、上々のスタートを切ったが、球界OBはこう指摘する。

「立浪臨時コーチは『投手との間合いの大切さ』を説いていました。課題であるタイミングの取り方は、過去2年より良くなってはいますが、このキャンプでも、ストレートをファウルしたり空振りしたりする場面が少なくない。ストレートをしっかりと打ち返し、フェアゾーンにライナー性の鋭い打球が飛ぶようになれば、より結果がついてくると思いますが、現時点では京田からレギュラーを奪うレベルには到達していないのが正直なところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る