男子シニア開幕戦は有観客で開催 倉本昌弘PGA会長明らかに

公開日: 更新日:

 日本プロゴルフ協会(PGA)は19日、今季男子シニアツアー開幕戦の金秀シニア(4月9日開幕・沖縄)から基本的に観客を入れて開催すると発表。倉本昌弘PGA会長(写真)は、「金秀は昨年も観客を入れていたので今年も入れたい。特別なことがなければ(全試合観客を)入れる方向で準備を進めている」と話した。

 昨季は7月の「ISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメント」(静岡)が、国内3ツアーで初の有観客で開催され、2日間で862人のギャラリーが入場した。

「そもそもシニアの大会はギャラリーが少ないから有観客にしやすい」との声もあるが、大会でクラスターでも発生したら、それ以後の大会はおそらく無観客になる。各大会はコロナ対策に万全を期すはずだ。

 昨年のシニアツアーはコロナ禍により20試合中、8試合しか行われず、ツアープロにとっては厳しい一年だった。今季は17試合で賞金総額は7億7800万円。みんな、全試合ギャラリーの前でプレーできることを願うばかりだ。

 ちなみに、渋野日向子原英莉花らが参戦する女子ツアー初戦のダイキン・オーキッド・レディース(3月4日開幕・沖縄)は、大会まで2週間を切った今も、観客を入れるか未定だ。翌週からの2試合は無観客開催が決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

もっと見る