巨人原・桑田の完投倍増計画 守護神離脱でもビクともせず

公開日: 更新日:

 並の球団なら一大事だろう。巨人のルビー・デラロサ(32)が左足小指を骨折。昨季、チーム最多の17セーブを挙げた剛腕が開幕を3週間後に控えて離脱したにもかかわらず、首脳陣に大きな動揺はないという。

 今季は左腕の中川が抑えを務めるとはいえ、デラロサはそれにつなぐセットアッパーを担うはずだった。ライバル球団のスコアラーは、「普通なら頭を抱えるところですが、代わりがナンボでもいる球団ですからね。右の鍵谷、桜井、大竹。左の高梨、大江とリリーフには実績も経験もある駒が揃っている。(5日には)故障で昨季終了後に育成契約になっていた高木京介も支配下契約を結んだ。デラロサが復帰するまで、十分にしのげるという算段でしょう」とため息である。

 そもそも今季の巨人はリリーフに依存しない方針だ。新任の桑田投手チーフコーチ補佐が先発投手に課す「1試合135球」の“ノルマ”がもてはやされているが、実はこれ、原監督の強い希望によるものでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る