いくら佐藤が打っても…今季の阪神は“お騒がせエース”次第

公開日: 更新日:

 阪神は5日、ペイペイドームでのソフトバンク戦で、開幕投手候補の西勇輝(30)が先発。今季初となる実戦登板で2回無失点に抑えたが、3四球と制球に苦しみ、球数は47球を要した。

 昨季はチームトップタイの11勝を挙げ、矢野監督も投手のキーマンに指名するほど信頼を寄せている。ただ今季は、キャンプ中に腰に違和感が出たといわれており、終盤にはぜんそくの検査を受けるために緊急帰阪。調整遅れが懸念されている。後輩投手に「公開説教」をしたことも話題になるなど、お騒がせっぷりは相変わらずだが、開幕まで残り3週間。登板数が限られる中で、一抹の不安が残る。

 今季の阪神は、コロナ禍による外国人選手の入国制限に頭を抱える球団が多い中、この日、本塁打を放ったサンズら、多くの助っ人がキャンプからチームに合流。リーグ屈指の戦力を擁する上に、ドラフト1位の佐藤輝(近大)や藤浪が活躍すればまさに「鬼に金棒」。阪神周辺では2005年以来のリーグ優勝への期待が高まっているが、ある阪神OBは、「阪神の大黒柱は西勇。エースがコケたら元も子もない」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る