楽天早川は開幕3戦目先発へ 託されるベテランの負担軽減

公開日: 更新日:

 順調と言っていいのではないか。

 7日、楽天ドラフト1位の早川隆久(22=早大)が中日戦に先発し、4回3失点。要所で高めに浮いた球を捉えられるシーンもあったが、ビシエド、大島といった好打者相手に速球で三振を奪うなど、昨秋ドラフトで4球団が競合した逸材の片鱗を十分に見せている。楽天OBが言う。

「速球の球威、球速もさることながら、チェンジアップなど変化球の完成度も高い。ある程度はボールを低めに集める制球力もある。この日は失点したものの、前回登板(2月28日中日戦)では、ピンチの場面でチェンジアップを打たせて、三ゴロ併殺打に仕留めるなど勝てる投球ができるという印象です。四球から自滅するタイプでもないでしょう。楽天は強力打線を擁しているだけに、1年目から2ケタ勝利をマークしても何ら不思議ではありません」

 石井GM兼監督の期待も高く、開幕3戦目(3月28日日本ハム戦)の先発が有力視されている。石井監督は開幕投手に昨季の最多勝投手である涌井、2戦目に米球界から復帰した田中将を指名。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る