お飾り横審はどこまで本気?白鵬・鶴竜に「クビ」言えるか

公開日: 更新日:

 あまり期待しない方がいいかもしれない。

 3日目から横綱白鵬(36)が休場したことにより、5場所連続で横綱不在となった大相撲。当初はコロナ禍の影響で開催が未定とされていた横綱審議委員会だが、さすがに看過できないと判断されたのだろう。白鵬が休場届を提出した16日の午後、芝田山広報部長(元横綱大乃国)が「場所後に開催する」と明言した。

 当然、休んでばかりいる白鵬、鶴竜に引導が渡されるのだと思ったら、相撲取材歴50余年、評論家の中澤潔氏は「もともとお飾りのような組織ですから」と、こう話す。

「横審の設立は1950年。当初から『横綱をつくりやすくし、マスコミから粗製乱造だと批判を避けるための隠れみのだ』と言われていましたからね。それでも初期の頃は相撲の見識が深い委員もおり、安易に横綱をつくり出そうとした協会にストップをかけた例もあった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る