秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

侍J率いる稲葉監督には当たり前の東京五輪金メダルの期待

公開日: 更新日:

 ロサンゼルス五輪決勝の相手は、直前の日米大学野球で1勝6敗と一方的にやられた米国だった。

 後にメジャーで1シーズン70本塁打の記録を打ち立てるマーク・マグワイアら最強メンバー。地元開催だけに金メダルは当たり前といった雰囲気で、試合後の花火などの準備も万端だったようだ。私は銀メダルで上出来だと思った。そんな中、大活躍したのは「日本に帰りたい」と弱音を漏らし、日米大学野球から不振を極めていた男だった。

 米国に1点を先制された日本は四回、明大の広沢克己(現・克実)が中前へ適時打を放って逆転に成功。八回にはまたも広沢が3ランを放ち、6―3で米国を撃破した。この時は公開競技だったが、野球が開催された五輪7大会で、日本が唯一金メダルを獲得した瞬間だった。松永怜一監督から連日指導を受けたことが最後に実を結んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る