卓球代表は8カ月“中国レス”も 五輪ぶっつけ本番はむしろ吉

公開日: 更新日:

 東京五輪に臨む卓球日本代表はぶっつけ本番で中国に挑むことになった。

 コロナ禍により国際大会が相次ぎ中止。世界的な感染拡大から中国は今年2月、東京五輪まで卓球代表選手を海外へ派遣しないことを発表。次いで今月8日、5月に中国で開催予定だったワールドツアーのWTTも延期になることが分かった。

 日本勢が最後に中国と一戦交えたのは昨年11月のITTFファイナルズだ。この時、東京五輪に内定している張本智和(17)は初戦で、伊藤美誠(20)は準決勝で、散った。大会の男女シングルスの決勝戦はいずれも「中国人VS中国人」だった。

 中国が欠場した先月のWTT中東シリーズのシングルスでは男子が張本、女子は伊藤が優勝。五輪金メダルの壁は中国だということが如実に表れた。

 東京五輪で卓球の予選が始まるのは7月24日。約8カ月も格上である中国選手と対戦できないことは、日本勢にとってどのような影響があるのか。卓球について多数の著書がある卓球コラムニストの伊藤条太氏は、「むしろプラスに働く側面が大きいです」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る