パナOL優勝者に来年のHSBC出場権 もらっても嬉しくない?

公開日: 更新日:

 断る者もいるだろう。30日開幕の女子プロゴルフ「パナソニックオープンレディース」(千葉・浜野GC)の主催者は26日、優勝者に来年の「HSBC女子世界選手権」(シンガポール・セントーサGC)の出場権を与えると発表した。優勝者が辞退した場合は成績上位からの推薦となる。

 4日間競技のHSBC選手権は、世界ランク上位20人や前回大会以降のツアー優勝者など、約60人のトップ選手だけが出場できる大会だ。「アジアのメジャー」とも呼ばれており、2010年には宮里藍が優勝している。

 同大会は予選落ちはなく、最下位でも日本円にして約40万円の賞金がもらえるが、マングローブの湿地帯だったところを埋め立てたコースは、池やバンカーが巧みに配置され、狭いフェアウエーが難易度を上げている。

 しかも、戦う相手は米女子ツアーのトップ選手ばかり。海外経験のない日本選手がいきなり参戦しても上位進出は厳しい。米女子ツアーに挑戦するより、「国内ツアーの方が稼げる」と思えば、「私はけっこうです」と、出場権を返上する選手がいても不思議ではない。

 ちなみに今年のHSBC選手権は29日に開幕。パナソニックオープンレディースと同週に行われ、日本勢は畑岡奈紗渋野日向子が参戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る