巨人菅野が東京五輪で楽天マー君との“共闘”を熱望する意味

公開日: 更新日:

 2018年以来となる3試合連続完投勝利はならなかった。

 巨人菅野智之(31)が4月30日の中日戦に先発。二回にビシエドにソロ本塁打を浴び、スモークのタイムリーエラーもあって2失点。結局、7回8安打3失点で2敗目(2勝)を喫した。

 DeNAとの開幕戦後に足の違和感を訴えて登録抹消となったが、その後は完封、完投勝利を挙げて2連勝。試合前まで防御率はリーグ2位の1.74だった。昨季の中日戦は3試合に登板し、3勝0敗、防御率0.00。2完封を含む25イニング連続無失点と抑え込んだ“お得意さま”だったが、味方のまずい守備に足を引っ張られた格好だ。

 昨オフにポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指したものの、残留を決断した。今季中に海外FA権を取得予定のため、今オフも再挑戦する可能性がある。この日は敗れたものの、国内ではほぼ敵なし。モチベーションを維持することが困難になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る