菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

渋野日向子が取り組むスイング改造 米ツアー優勝は困難だ

公開日: 更新日:

 飛球線後方から見た渋野日向子の新旧トップスイングを比べると、以前はスイングプレーン上にバックスイングしていた。

 ところが今ではシャフトを寝かせて、とんでもないフラットなバックスイングに変えてしまった。

 スイングプレーンについてよく分からないという人は、グリップエンドにティーペッグを差し込んでバックスイングしてみるといい。左腕が地面と水平になったあたりで止めて、ティーぺッグが飛球線を指していればスイングプレーン上、いわゆる「オンプレーン」のバックスイングをしていると思ってよい。

 勢いがあった時の渋野はオンプレーンのバックスイングをしていたはずなのに、どうしてフラットなスイングに変えたのだろうか。

 テレビ中継で解説者が「(スイング改造して)今はフックボールを打つためのスイングのように見える」と尋ねると、「左に曲げたくないためにスイングを変えた」と答えたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る