錦織圭ひっそり復調気配 自信回復で全仏「決勝狙い」明言

公開日: 更新日:

 大坂なおみ(23)の会見拒否に端を発し、揺れに揺れた全仏オープンテニス。本人がうつ病であることや主催者に謝罪の手紙を送ったことを明らかにして騒動は沈静化の様相だが、その裏で復調気配なのが錦織圭(31=世界ランク49位)だ。

 2日の男子シングルス2回戦で、カチャノフ(同25位=ロシア)をフルセットの末に下して3回戦進出を決めた。

 これで5セットマッチの勝率は現役ナンバーワンの78.8%(26勝7敗)。勝てそうで勝てないが、負けそうで負けない粘り強さが戻ってきたのは今後に向けたプラス材料だ。

 一昨年10月の右肘手術以来、コロナ感染や右肩の故障などで実戦から遠ざかることが増えた。錦織に必要なのは、とにかく試合を重ねて実戦感覚と自信を取り戻すことだった。

 1、2回戦はともにフルセット。試合時間は合わせて8時間強。一時は世界ランク8位だったカチャノフとの一戦は、最終セットでブレークポイントを握らせなかったほど。ヘトヘトになりながらも、際どいコースを狙ったショットが冴えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    東京五輪の会場外あちこちに「密」が…“裏口観戦”クラスター発生危機に組織委お手上げ

  7. 7

    河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

  8. 8

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る