西武平良が開幕31試合無失点!パンク懸念もOB「杞憂」断言

公開日: 更新日:

 山深い所沢で“海人”が快挙を成し遂げた。

 10日、西武はベテランの内海が先発。5回3失点と粘投するとリリーフ陣も無失点リレーでつなぎ、トリを飾ったのが平良海馬(21)だ。

 2点リードの九回をゼロに抑え、今季5セーブ目(1勝0敗)。開幕からの無失点記録を31試合に伸ばし、2016年の田島(中日)に並ぶプロ野球記録に肩を並べた。

 とはいえ、心配もある。西武はこの日が60試合目。平良は2試合に1回投げている計算だ。今季は新型コロナウイルスの影響で延長戦がなくなったことにより、同点の九回に守護神が登板するケースが増えている。球界には「このままでは失点より先にパンクしかねない」という声があるのも事実だ。

 西武OBの山崎裕之氏は「それは杞憂でしょう」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る