山口すず夏
著者のコラム一覧
山口すず夏プロゴルファー

2000年8月2日生まれ、神奈川県相模原市出身。160センチ、A型。7歳からゴルフを始め、15年「全米女子オープン」日本地区予選会2位。日本人史上最年少14歳でメジャー出場。18年「豪州女子アマ」で日本人初優勝。同年米女子ツアー最終QT36位資格で出場権を獲得。18歳でプロ転向。米ルーキーイヤーの昨季は賞金ランク150位。2年目の今季は初優勝を目指す。得意クラブはパター。環境ステーション所属。

会場で「2人ともガンバレ!」と応援に熱が入りました

公開日: 更新日:

 今週の「LPGAメディヒール選手権」は出場順位が繰り上がってフィールドに入ったため、マンデートーナメントには出場しませんでした。

 会場は先週の「全米女子オープン」が開催されたオリンピックCのすぐ近くのレイクマースドGCです。

 日本の丘陵コースみたいにアップダウンがあり、フェアウエーは狭いわけではありませんが、ツアーの中では、ラフがグリーン回りも含めて深いので要注意です。それに今の時期は風が冷たく、寒いので防寒対策も必要になります。

 今回は早めに現地入りしたので、日曜日は「全米女子オープン」最終日を観戦し、畑岡奈紗ちゃんについて18ホール歩きました。前半にもったいないダブルボギーがありましたが、しぶとくパーセーブを続けていたので「トッププレーヤーになるには、この粘りが重要だなぁ」と痛感しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る