西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

通算363盗塁でタイトル4回 走塁技術と投手の癖の見つけ方

公開日: 更新日:

 連載の最後は私がいかにして盗塁王を4度獲得し、通算363個の盗塁を決めたのか、その秘訣について記したい。

 盗塁をするにはまず、出塁しないといけないが、私は左肩の脱臼癖があったので、ヘッドスライディングができず、大きなリードを取れなかった。小さいリードでも成功する確率を高めるためには、技術を磨き、相手投手を研究する必要がある。

 走塁技術で言えば、1歩目の反応を鍛えるため、試合前の打撃練習中は打撃投手を相手投手に見立て、足や頭、顔が少しでも動いたらスタートを切るように心掛けた。普段の生活の中でも訓練を欠かさなかった。夜の薄暗い中で、例えば信号が切り替わった瞬間に足を一歩だけ動かすなどして、瞬発力を養った。

 短い塁間距離の中で、少ない歩数でトップスピードに持っていくには足の動かし方に加え、上体の角度を下向きにして走る必要がある。前傾しながら走ると足に負担がかかるため、下半身を徹底して鍛えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る