西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

監督就任後 チーム4年ぶりの主将に福田周平を指名した理由

公開日: 更新日:

 2019年にオリックス監督に就任し、まず着手したのがキャプテン制の導入だった。

 チームは1996年以降、リーグ優勝から遠ざかっていた。前年までヘッドコーチを3年間務め、若い選手が多い中でいかにして個々の選手の力を引き出すかを考えた。

 チームが勝つためには、ここぞというところで束にならないといけない。そのためにはまず、個々の選手に戦う姿勢、攻める姿勢を身に付けてほしかった。チームスローガンに「超攻撃型」という言葉を入れたのもそのためだった。

 これを実現する上で、先頭に立ってチームを牽引するリーダー役が必要だと考えた。オリックスでは2015年の糸井嘉男(現阪神)以降、主将を置いていなかった。ロッテ監督時代の10年は、西岡剛が主将としてチームを引っ張ってくれた。同僚選手はもちろん、私やコーチに対してもチームをよくするために意見をしてくれた。オリックスの監督をやることになってから、主将としての適役を思案する中で、プロ2年目を迎える福田周平に託すことにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る