ゴルフ女子代表争い大詰め 灼熱の本番会場で勝てるのは誰

公開日: 更新日:

【ニチレイレディス】最終日

 泣いても笑ってもあと1試合だ。

 東京五輪の女子ゴルフ(8月4日~)代表は、次週のアース・モンダミンカップ終了後の世界ランキングをもとにした五輪ランキング上位2人に決まる。同ランク10位(14日付)の畑岡奈紗(22)はすでに内定。残るひとりは、20日に同組でプレーした稲見萌寧(21=24位)と古江彩佳(21=28位)の他に、24日開幕の全米女子プロに出場する渋野日向子(22=31位)の3人に絞られた。海外メジャーのポイントは国内大会より高い。渋野は単独2位以上なら大逆転での代表入りとなるが、今の状態ではメジャーでの優勝争いは苦しいだろう。

 母国開催の五輪なので3人とも代表切符は譲りたくない。通算2アンダー27位タイからスタートした稲見と古江がスコアを崩したのは「直接対決」が原因だったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る