武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

錦織圭は「ダブルス一本」で五輪を乗り切れ…右手首の故障に不安、大事な31歳

公開日: 更新日:

 女子テニスのプレースタイルとファッションを築いたのはフランスのスザンヌ・ランランだ。1924年、冬のリビエラでランランの試合の主審をテッド・ティンリンという少年が務めた。後にエバートや沢松和子にウエアを提供するデザイナーになる。ランランはウィンブルドン単複5連勝中という絶頂期、主審はその時まだ13歳だった。

 いまも4大大会の男子決勝の主審を女性が務めることはよくあり、そもそも男女共同でルールを築いてきた競技はテニスだけだ。日本でもいち早く人気を得たのはそのためだし、テニスが24年のパリ大会を最後にオリンピックから離脱したのは、オリンピックよりずっと支持され定着していたからだろう。

 88年のソウルからオリンピックに復帰し、間もなく開幕する東京大会が9大会目になる。メダリストはほとんど知られていないだろう。グラフの名前が浮かぶのは、グランドスラム完全制覇が絡んだゴールデンスラムだったから。競技によってオリンピックの位置付けは異なるとよく言われる。その理解をいまこそ錦織圭に向けて欲しい。

 錦織は、現在進行中のウィンブルドンは2回戦敗退だった。試合後、珍しく悔しさを隠さずムッツリしていたのは、故障から順調に復帰している自信があったからだ。春から“ショットメーカー”の片鱗を随所に織り込んだ中身の濃いプレーを続け、唯一の不安は前哨戦で痛めた右手首だ。ウィンブルドンでは分厚いリストバンドで押さえていたが、少し痛みがあると話していた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日