錦織圭がナダルにフルセットで敗れる…勝敗以上に得たもの

公開日: 更新日:

「昨年は右肘手術から復活しようという矢先にコロナに。ただでさえ実戦から離れているうえ、年明けは全豪の前に2週間の隔離生活を余儀なくされた。いまの錦織に何より必要なのは心身のスタミナです。そういった意味で今回の対戦は、勝ち負け以上に得るものが大きいと思う」

 こう言うのはスポーツライターの武田薫氏。

 錦織圭(31=世界ランク39位)が22日、バルセロナ・オープン3回戦でナダル(34=同3位)と対戦したことを受けてだ。錦織は「赤土の王者」の異名を持つ相手に0―6、6―2、2―6のフルセットで敗れ、8強入りを逃した。試合後、「よかった気持ちはあまりない」と振り返ったが、得たものは少なくない。

「いまの錦織は1試合でも多く、実戦を重ねること。マスターズやグランドスラムなどのタイトル以前に、まずは自信やスタミナを取り戻さなければなりませんから。今回は1、2回戦ともミスが多かったのに、それでも勝ち上がって試合を重ねることができた。3回戦までいけばナダルと対戦することが分かっていたわけで、目標にしていたと思うし、ここまで3試合をこなせた経験は今後に生きるはずです」(武田氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る