【サッカー】久保建英めぐり欧州クラブで争奪戦 好条件移籍には「ゴール決めて銅メダル」がマスト

公開日: 更新日:

 日本代表が1968年メキシコ五輪以来、53年ぶりのメダルをかけて準決勝(3日)に臨み、強豪スペイン相手に0―0で迎えた延長後半10分、ゴールを奪われて史上初の五輪決勝進出を逃した。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

 試合を通してスペインに主導権を握られた。

 高い個人技でボールを回され、日本は<攻撃の二枚看板>であるMF久保建英(20)、堂安が局面を打開しようとするものの、シュートの形もつくれない時間帯が続く。延長に入るとスペイン選手も疲労から足が止まったが、延長後半も残り5分となってスペインが右サイドから何度も仕掛け、レアル・マドリード所属のFWアセンシオが、左足でゴール左にコントロールシュート。それまで好セーブを連発していたGK谷が伸ばした右手の先をかすめるようにしてサイドネットに突き刺さった。

「両チームとも<PK戦突入も致し方なし>という雰囲気でしたが、あの時間帯、あの局面で<ここはゴールチャンス>と判断して攻勢を強めたスペインはさすがでした。もちろんアセンシオの技ありゴールも見事だった。日本は我慢を重ねて粘ったが、<スペインと日本とのサッカーの総合力の違い>が、試合結果となって表れたと言わざるを得ない」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

 そんな中、グループリーグ3試合連続ゴールなど、攻撃陣の主軸である久保の存在感が際立っている。

 スペイン戦でも鋭いドリブル突破で相手選手を何度も慌てさせ、遠めからでも果敢にシュートを放つなど孤軍奮闘。

 そんな久保のパフォーマンスについて、スペインの大手メディア「マルカ」も「どんなチームが相手でも勝てるスター性を持っている」と高く評価。さらに「所属元のレアル・マドリードも(五輪での活躍に)注目している」と続けた。

 久保は2019年6月にRマドリードと契約した後、ここ2シーズンはマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェとスペインの中堅以下のクラブを渡り歩いてきた。来シーズンは、どのクラブでプレーすることになるか?

■レアル・ソシエダがオファー

 スペインには「3人の外国人枠」があるので列強の大物選手ぞろいのRマドリードで出番を得るのは難しく、地元で報じられているように「4度目のレンタル移籍となる公算が大きい」だろう。

 現地最新情報では「レアル・ソシエダがオファーを提示した」。

 所属するヤヌザイら主力MF陣の放出が噂されており、その穴埋めとして久保に白羽の矢が立ったという。

「Rソシエダにはオヤルサバル、ダビド・シルバといった実力派MFも控えているが、35歳のシルバは年齢的な不安を抱え、日本戦にもフル出場したオヤルサバルは、上位クラブから引き抜かれるという情報も流れている。トップ下、両サイドの攻撃的MFがこなせる久保にとって、Rソシエダ行きはグッドチョイスと言えるでしょう」(サッカー関係者)

メダル獲得で市場価値アップ

 3位決定戦に回ったとはいえ、得点ランク3位タイの久保が複数ゴールを決め、メダル獲得の原動力となれば評価アップとなり、スペイン以外の金満クラブから引き抜かれることもあり得る。

 実際「フランスのパリSGが移籍金60億円を用意して久保の完全移籍をもくろんでいる」と現地メディアも報じている。

 パリSGがビッグオファーを出せば、刺激された英プレミアやイタリアの強豪クラブも触手を伸ばし、久保争奪戦に発展する可能性もある。

 元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう言う。

「スペインの新シーズン開幕は8月13日。フランスは五輪決勝翌日の8日に開幕します。チームに早く馴染むためにも、住み慣れたスペイン以外に移籍先を求めるのは非現実的です。古巣のマジョルカが1部に復帰しますが、まずはレギュラーを張れるクラブで好プレーを見せ、着実にステップアップしていくという選択がベターでしょう。移籍マーケットでの好材料といえば、久保が五輪でゴールを積み重ねていること。さらにゴール数を伸ばせば<決定力の高いアタッカー>という部分が評価され、市場価格もアップするでしょう」

■3位決定戦は6日午後8時~

 試合後、久保は「(スペインは)強かった。出すことは全部やって負けた。涙も出てこない」と悔しさを押し殺してコメント。メキシコとの3位決定戦は6日午後8時にキックオフ。久保にとっては、より良い移籍先を探すためにも、ゴールを決めて銅メダルを奪い取るしかないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった