世界卓球・ピンポン外交50周年で米中混合ペア結成…「アスリートファースト」が潰される

公開日: 更新日:

 開催中の世界卓球(米ヒューストン)で、いわゆる米中の「ピンポン外交」から50年を記念し、混合ダブルスに両国の選手がペアを組んだ2チームが出場。緊迫する2国間のタッグが波紋を呼んでいる。

「ピンポン外交」という言葉が生まれたのは1971年。世界選手権の開催地の名古屋だった。東西冷戦下、日本卓球協会が中国に働きかけたことで6年ぶりに出場が実現。さらに、中国チームのバスに1人の米国選手が間違えて乗った際、中国の選手が声をかけたことがニュースとなり、のちの国交樹立に大きく寄与したといわれている。

 今回、50年ぶりの“国交回復”が実現した背景には、来年2月に控える冬季北京五輪、2028年ロス五輪の存在がある。米国は手を差し伸べるそぶりを見せる一方、中国によるウイグルや香港を巡る人権問題から、選手は五輪に派遣しても政府関係者は参加しない「外交的ボイコット」を検討。英国や豪州、日本が続く可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか