アーセナル冨安健洋は右足ボロボロ…6月代表4連戦出場どころかW杯本番にも暗雲

公開日: 更新日:

 日本代表の森保一監督(53)が、一報を聞いて愕然としたことは想像に難くない。英プレミアの名門アーセナル所属の日本代表主軸DF冨安健洋(23)が、17日午前4時開始のニューカッスル戦で右太もも裏を痛めてベンチに下がり、6月2日からの日本代表4連戦出場に暗雲が垂れ込めてしまったのである。

 冨安は主戦場の右SBで先発。開始直後から左サイドのマクシマンやジョエリントン、1トップのウィルソンら強力アタッカー陣に翻弄されるシーンも目立った。0-0で迎えた前半38分にアクシデントが発生した。

 相手パスを自陣でカットした冨安は、ピッチ中央の味方プレーメーカーのMFウーデゴールにパス。冨安も攻め上がろうとしたが、ウーデゴールからボールを奪取した相手MFが左サイドのマクシマンにパスを送った。

 あわてて方向転換して定位置に戻る冨安。マクシマンはあっさりと冨安を振り切り、右足で強烈シュートを放った。

 その直後、冨安は自らピッチにへたり込み、右手で右太もも裏を何度も揉みほぐした。アーセナルベンチは、その光景を目にした瞬間、ただちに控え右SBのセドリックに交代出場を命じた。冨安の所作が、今季「何度も何度も目にした」光景だったからである。サッカー関係者がこう言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外