ウィンブルドン「ポイントなし」の波紋…排除したロシア選手が世界1位になる皮肉

公開日: 更新日:

 混乱が広がっている。

 開催中のテニス全仏オープン(OP)はウィンブルドン(英国、6月27日開幕)の話題で持ちきりだった。最も歴史ある4大大会で、世界ランキングのポイントが選手に付与されないことになったからだ。

 ロシアのウクライナ侵攻を理由に、ウィンブルドンは4月、ロシアとベラルーシ選手の出場禁止を決定。するとプロテニス協会(ATP)と女子テニス協会(WTA)は対抗措置としてポイントの剥奪を決めた。

 これにはトップ選手も大混乱。大坂なおみ(24=世界ランク38位)は全仏OPの初戦敗退後、「ポイントがなければエキシビションと同じでしょ? 現状では行かない方向に傾きつつある」と欠場を示唆した。スポーツライターの武田薫氏はこう言う。

「トップ選手にとって賞金は二の次。大事なのはポイントです。それが手に入らないのであれば欠場は避けられない。何より政治や戦争が絡んだ雑音の多い大会になってしまった。もともと芝のコートを苦手とし、今はメンタル面に不安を抱える大坂選手が辞退するのも納得です。ATPとWTAが強い抗議を示すためには、これしかなかったのではないか。ATPとWTAはもともと選手組合からできた組織。選手個人の立場を守るというのが最低限のラインとしてあるのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  2. 2
    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

  3. 3
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  4. 4
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

  5. 5
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  1. 6
    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

  2. 7
    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

  3. 8
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  4. 9
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  5. 10
    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?

    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?