大坂なおみ全仏OP「負けるべくして」初戦負け…怪我、苦手コート、相手は手の内熟知

公開日: 更新日:

 大坂なおみ(24=世界ランク38位)の最大の武器といえば、時速200キロ近いサーブ。そのスピードと威力が赤土のクレーコートでは殺されるうえに、ダブルフォルトが8本もあったのだから、苦戦を強いられたのも無理はない。

 23日、全仏オープンテニス女子シングルス1回戦で米国のアマンダ・アニシモバ(20=同28位)に5ー7、4ー6のストレート負け。1月の全豪オープン3回戦で敗れた相手に、またしても勝てなかった。

 全仏の初戦敗退は17年以来5年ぶり。4大大会の初戦敗退は19年の全英以来だ。

「負けるべくして負けたと思う」とスポーツライターの武田薫氏はこう続ける。

「大坂は左足のアキレス腱を痛めて、前哨戦のローマ大会を欠場した。ただでさえ実戦不足なのに苦手なクレーコートの試合をここまで2試合しかやっていません。練習はしているでしょうが、試合とは明らかに違いますからね。クレーの実戦をこなしていない影響は大きいですよ。しかも相手のアニシモバは子供の頃から大坂と同じフロリダを本拠地にしていて、ベースラインから激しく打ち合うテニスのタイプも似ています。大坂の手の内は熟知しているし、大坂にとっては最もやりづらい選手のひとりですからね」

 次は舞台が芝に変わる全英だが、「大坂は足元が滑り易い芝も苦手にしている」(武田氏)そうだから、本来の姿は全米のある夏場のハードコートまで見られそうもない。

「もっと多くプレーして準備できていれば良かったと思う」とは試合後の本人だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外