日本卓球男子に相次ぐドイツ留学…協会が抱える国内強化と海外移籍のジレンマ

公開日: 更新日:

 強化の根城はドイツだ。

 今年の全日本卓球男子シングルスで優勝したパリ五輪代表候補の戸上隼輔(20=世界ランク48位)がドイツ・ブンデスリーガ1部「オクセンハウゼン」と契約。Tリーグを離れ、活動拠点を海外へと移した。東京五輪でリザーブだった宇田幸矢(20=同26位)も今季からブンデス1部「ケーニヒスホーフェン」に所属。さらに「琉球アスティーダ」に籍を置く張本智和(18=同7位)もブンデス1部「ノイ・ウルム」に加入した。張本はあくまでも欧州チャンピオンズリーグへの限定的な参戦だから可能なのであって、Tリーグとシーズンの重なるブンデス1部は掛け持ち禁止。軸足をブンデスに置く戸上や宇田のTリーグ参戦はほとんど不可能だ。

 男子における欧州のトップはドイツ。これまでも多くの選手たちが武者修行の場にドイツを選び、水谷隼(32)が14歳で留学したのもドイツだった。水谷の場合、中学生だったこともあり、日本卓球協会が学校側との事前交渉などを支援。それが現在も続いているとなれば、国内強化の一方で海外移籍の支援をする矛盾も生じることになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」