大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が、好投でチームの連敗を止めた。日本時間23日のロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発登板。投げては今季最長の8回を2安打1四球無失点、メジャー自己最多の13奪三振で6勝目をマーク。打っては3打数1安打2四球で、一発は出なかったが、3戦連続安打とした。

 この日は休養を与えられたトラウト、ウォルシュの強打者2人を欠き、打線の援護が期待しにくい中、今季最多の108球を投げ抜いてロイヤルズ打線をねじ伏せた。

 前日のロ軍では打撃で結果を残しながらもチームの勝利に結びつかなかった。14、15号と2本の3ランを含む4打数3安打8打点。今季4度目となるマルチ本塁打に、キャリア最多となる1試合8打点をマークしながら、チームはリリーフ陣が打ち込まれ、延長の末に11-12で競り負けた。1920年に打点が公式記録として採用されて以来、8打点をマークした打者のいるチームが一度もリードを奪えなかった史上初の不名誉。ア・リーグ中地区で最下位に低迷するチームを相手に2連敗で、レンジャーズと入れ替わって西地区3位に転落した。

 エ軍は10日に泥沼の14連敗から脱したが、その後はメッツ相手に1勝2敗と負け越し、ドジャースには2連敗を喫するなど、波に乗り切れない。先発、リリーフとも投手陣が安定しないうえに、主砲トラウトは今季、好不調の波が激しいこともあり、投打の歯車が噛み合わず、浮上のきっかけすら掴めずにいる。

■監督解任に続いてGMのクビ切られる可能性

 最優秀監督賞受賞3度のジョー・マドン監督に代え、新たにフィル・ネビン監督代行を据える荒療治の効果もなし。昨オフ、それなりに資金を投じて整備したはずのリリーフ陣は期待外れで、2014年以来8年ぶりのポストシーズン進出は早くも絶望的と言っても過言ではない。8年連続でプレーオフ進出を逃すようなら、マドン前監督に責任を押し付けたペリー・ミナシアンGMだってタダじゃ済まないだろう。

 さらに、ここにきてアーティ・モレノ・オーナーによる本拠地周辺の土地買収に絡んだアナハイム市長への不正献金が発覚。予定していた球場周辺の再開発事業が暗礁に乗り上げるなど、エ軍はグラウンド内外とも目も当てられない惨状なのだ。

 ポストシーズン進出を熱望する大谷が球団を見限って、FAになる来季終了後に他球団への移籍を模索したって不思議ではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾