今季6勝目!ロッテ佐々木朗希「オタク気質」は“メジャーで活躍”にもプラスに作用?

公開日: 更新日:

 国語辞典で「オタク」という言葉を調べると、「ある事に過度に熱中し、詳しい知識をもっていること。また、そのような人」と書かれている。

 その意味では、22日の西武戦、7回無失点で今季6勝目(1敗)を挙げたロッテ佐々木朗希(20)も、「オタク」のカテゴリーに入るかもしれない。

■夕食時に自身の投球ビデオに熱中

 登板後は自分の投球ビデオを見て、自分自身のフォームチェックや今後の課題について研究するのが常だという。

 これは大船渡高時代からのルーティンだったようだ。佐々木朗の高校3年時、母の陽子さんからこんな話を聞いた。夏の県大会開催中、登板した日の夕食時にはテレビの試合中継録画を逐一、チェック。自身の投球はもちろん、相手校の対策にも余念がなかったという。

 自身の大きな武器であるフォークについても、細かく研究していることがうかがえる。

 佐々木朗は多くのメディアでフォークについて語っている。プロ入り直後は高校時代よりもフォークの落ち幅が小さくなったそうだが、より深く握るだけでなく、今年からは縫い目が指にかかるよう握るようにしたことで、キレや落差が増したらしい。リリースのポイントを調整してスライダー気味に落としたり、シュート気味に落としたりすることもある。

 実際、高校時代から佐々木朗を知る人物の話を総合すると、いわゆる「オタク気質」な一面が垣間見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?