羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野日向子は残念だったが…海外メジャー2連戦を経験した西郷真央の今後が楽しみ

公開日: 更新日:

 先週の女子メジャー「全米女子プロゴルフ選手権」は、注目された渋野日向子が3日目のスタート前に体調不良で自身初の棄権でした。初日から中継を見ていてバーディーを奪っても表情が変わらず、プレー中は覇気がなくつらそうでした。

 ここのところ調子が上がらず、おかしいなと見ていましたが、はた目にも集中力を欠いていました。

■渋野の不調は体調不良が原因

 大会前から暑さで頭痛があり体調を崩していたようです。本人も「悔しい」と語っており、4日間プレーできなかったのは残念でしたが、体を十分に休めてはやく回復し、次のメジャーに向けて戦える状態に戻すことがいま一番大事です。

 日本勢では畑岡奈紗が最高の5位フィニッシュ。35位タイ発進の最終日は69で回り、大会3度目のトップ5入りを果たしました。LPGAツアー6勝の経験があり、最後までしぶとくプレーするなど、4日間をどのように戦ったらいいのかよく知っています。これから海外を目指す選手の参考になります。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋