岡崎慎司シントトロイデン入りで期待高まる代表復帰 求められる“W杯ムードメーカー役”

公開日: 更新日:

 現役「日本代表最多得点FW」の名前が取り沙汰されている。2010年南ア大会からW杯に連続3回出場、通算50得点の元日本代表FW岡崎慎司(36)のベルギー1部シントトロイデン入団が内定したからである。

 英プレミア・レスター時代にクラブ初のリーグ優勝の原動力になるなど欧州最前線で活躍した岡崎だが、近年はスペイン2部でプレーすることが多く、昨季は2部カルタヘナで2ゴール・1アシスト。チームの完全構想外となって浪人生活を送っていたが、シントトロイデン所属の元日本代表MF香川真司(33)の紹介もあり、2週間前から練習に参加していた。

「14日に主軸FWの林大地(25)が左足故障。1カ月以上の離脱が確定。これが追い風となって入団という流れになった」(サッカー関係者)

 これにニンマリしているのが、日本代表の森保一監督(53)である。前出の関係者がこう言う。「かねて森保さんは岡崎の決定力の高さを評価。新天地でゴールを重ね、好コンディションを維持できれば9月下旬に行われる欧州遠征メンバーに加え、そのままカタールW杯のメンバーに入れる可能性はある」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声