著者のコラム一覧
菅野徳雄ゴルフジャーナリスト

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

古江彩佳LPGAツアー2勝目逃す…グリーン狙うショットの距離感が合わなかったワケ

公開日: 更新日:

 古江彩佳がLPGAツアー2勝目を惜しくも逃した。

 先週の「ポートランドクラシック」は、これまで岡本綾子宮里藍、宮里美香と3人の日本選手が勝っている。

 開催コースを見て、なるほどと思った。松林に囲まれて、日本の林間コースによく似ている。

 景色が似ていると、距離感を掴みやすいとよくいわれる。第3ラウンドが終わって古江が通算13アンダーでトップタイに立ち、2週連続予選落ちの渋野日向子は久々に通算12アンダー4位タイと上位につけていた。

 古江のルーキーイヤー2勝目を期待して見ていると、前半から肝心の距離感が合っていなかった。グリーンをとらえてもピンをかなりオーバーしたり、池越えの8番パー3では逆にショートして池につかまってボギーとするなどスコアを伸ばせなかった。

「なかなか自分のプレーができなかった」と会見で振り返ったが、初優勝のときとは違って少し欲が出て、目の前のショットに無心で集中することができなかったのかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント