著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

日本ハムを自由契約 金子千尋と変化球の魅力は…スローカーブの「176勝投手」を想起

公開日: 更新日:

 北海道日本ハムのベテラン右腕・金子千尋が自由契約となった。金子といえば、やはりオリックス時代の印象が強い。今をときめく大エース・山本由伸が現れる前のオリックスには、もちろん西勇輝山岡泰輔といったエース級の投手はいたにはいたが、現在の山本と比べても遜色ない圧倒的な大エースと言われれば、2000年代後半~10年代中盤までを駆け抜けた金子千尋だった。

 特に13~14年ごろの金子は心技体すべてが充実していたのか、とにかくすさまじかった。ダルビッシュ有に続いて田中将大まで海を渡り、パ・リーグに大エース不在時代が到来するかと思いきや、その穴を感じさせない、いわゆる無双状態の快投を見せ、14年には最多勝と最優秀防御率、沢村賞にMVPと数々のタイトルを獲得した。

 このころの金子は最速150キロを超えるストレートを制球良く投げるだけでなく、「すべての球種が一級品」と言われるほど多彩な変化球を高い精度で操る、バランスのとれたパーフェクトなピッチャーだった。それでいて、今でも強烈に覚えているのは14年のオールスター前にマスコミに発した次の発言だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路