著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

大型FWのオランダ小川航基は「呼ばざるを得ないと思わせる活躍をしたい」と気迫を押し出した

公開日: 更新日:

小川航基(NECナイメンヘン/FW/26歳)

 かつて「東京五輪世代のエースFW」と位置付けられ、日本代表デビューとなった2019年東アジアE-1選手権・香港戦(釜山)でいきなりハットトリックを達成した小川航基(NECナイメンヘン)。 

 その後は代表から遠ざかっていたが、今夏のオランダ1部移籍直後の2ゴールで復帰待望論も高まった。

「開幕2戦で2点取っただけで(メディアに)取り上げてもらって凄く有難いですけど、今までいる選手との序列を覆すのは簡単じゃない。『自分を呼びたい』と思わせる活躍をするべき」と本人は自らを戒めた。

 身長186センチ・体重80キロという大柄な体躯と鋭い得点感覚が買われ、2017年U-20W杯(韓国)の頃は「東京五輪世代の筆頭FW」と評価された小川。

 同大会には今の日本代表の主力である板倉滉(ボルシアMG)、冨安健洋(アーセナル)、堂安律(フライブルク)らも名を連ねており、小川も彼らとともに東京五輪、カタールW杯と順調に歩んでいくと思われた。

 だが、2016年に入団したジュビロ磐田で思うように出番を得られず、長い足踏み状態を強いられた。

 2019年にはJ2・水戸へレンタルされ、7得点。自信を取り戻したかと思われたが、復帰した後も磐田では停滞が続いた。

「このままじゃいけない」と一念発起した彼は2022年に出身地のクラブである横浜FCへ完全移籍。J2ながら26ゴールを挙げ、得点王&MVPに輝く。

 これには桐光学園高の先輩・中村俊輔(現横浜FCコーチ)も「航基のことはジュビロに入った頃から『この子は甘くて大丈夫かな』と思ってた。でもこれだけ点取ったでしょ。やっぱ選手は決めつけちゃいけない」と驚き半分に語ったほどだ。

 4年ぶりのJ1挑戦となった今季も前半だけで6点を奪い、長年の海外移籍を現実のものにした。

「プロになって2~3年で海外へ出ていくつもりだったのが、ここまで来てしまった。『遅かった海外移籍』だと思います。でもこれが現実で、自分が招いたこと。ラストチャンスと言われる25歳の移籍だけど過去は変えられない。今から海外で点を取って、代表に入って、どんどんステップアップしていけば問題ないと思ってます」と小川はNEC移籍が正式決定した7月、こう強調していた。

 異国での適応はスムーズに進んだ。プレシーズンマッチから得点を挙げ、8月13日の今季オランダ1部開幕・エクセルシオール戦では堂々と1トップで先発。待望の新天地初得点も奪い、幸先のいい一歩を踏み出した。 

 続く18日のヘラクレス戦でも連続弾をゲット。代表候補として存在感を一気に高めたのである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…