パワハラで“クビ”元楽天・安楽智大の行きつく先は…日本はおろか韓国プロ野球も取り手ナシ

公開日: 更新日:

 行きつく先はどこか。

 同僚選手に対する暴行、パワハラが発覚し、楽天を自由契約となった安楽智大(27)。楽天は15日に“再発防止策”を公表し、チーム全員を対象にした年2回の面談などを行うという。

 一方で、安楽は来季どうなるのか。今季は中継ぎとして57試合に登板、3勝2敗10ホールド、防御率3.04と一定の成績を挙げたものの、今回の不祥事により、NPB12球団(二軍球団含む)でのプレーは事実上、閉ざされた形だ。

「果たして、国内の独立リーグでも取るところがあるのかどうか……今年、女性問題の不祥事が発覚した西武の山川でさえ、ゴーサインを出さない球団が多かったそうですから」とは、独立リーグ球団のフロント関係者だ。

 海外へ活路を見出す手はある。ただ、もっとも日本との実力差が近い韓国プロ野球(KBO)は、「日本以上に取り手がないでしょう」と、韓国球界関係者がこう続ける。

「そもそもKBOは外国人枠が3つしかなく、その3枠を投手、野手だけで埋めることはできない。投手を2人獲得するにしても、基本的には『先発ローテの1、2番手』を想定している。安楽のような救援投手が入る余地はほぼありません。しかも、獲得対象になるのは米球界か日本球界でプレーする北米、中南米出身選手。日本から韓国へ移籍した先発投手は、2009年にSKに入団した門倉健中日巨人など)以降、一人もいません。不祥事に関しても韓国は日本以上に厳しい面がある。飲酒運転した選手は一発解雇です。21年には、コロナ禍での規律違反で72試合もの出場停止処分を受けた選手もいますから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状