阪神・才木浩人を支える“らしくない”屈強メンタル…ノーノーならずも両リーグトップ7勝目

公開日: 更新日:

「(スタンドが)すごい盛り上がってるなと。そら、盛り上がるかと思いながら」

 お立ち台でこう言ってスタンドのファンから笑いを取ったのが、才木浩人(25)だ。

 9日の西武戦に先発し、七回まで無安打無得点投球。大記録達成ムードが高まる八回、先頭の源田を迎えた場面で足をつり、ベンチ裏で治療。1死から山野辺に右翼フェンス直撃の三塁打を打たれてノーノーはならずも、8回1安打無失点の好投で両リーグトップの7勝目をマークした。

 須磨翔風高(兵庫)から2016年のドラフト3位で入団。20年に右肘靱帯を再建するトミー・ジョン手術を受けたが、リハビリ明けの一昨年に4勝、昨年は8勝と倍々ゲームで来て、今年はここまで59試合で7勝とシーズン17勝ペースで勝ち星を量産している。

 そんな右腕のウリはとにかく明るい性格。この日のお立ち台では「スタンドの歓声を聞いてどうですか?」との質問に、「ちょっと足りないすね」と返して、甲子園に詰めかけた4万人超の観客を沸かせた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる