著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

後の日本代表の土台になった南アW杯 「守り重視で戦ったからこそベスト16に行けた」

公開日: 更新日:

 日本代表には「結果」に加えて「内容」も求められる。「超守備的なスタイルで勝っても意味がない」と考える人も少なくない。2010年南アフリカW杯の日本代表は特に批判的な見方をされたが、16強入りの原動力になった松井は「僕は勝ちたい、ただそれだけだった」と泥くさく勝利を追求し続けることの重要性を改めて強調した──。

  ◇  ◇  ◇

「岡田武史監督(FC今治会長)の4(DF)-3(MF)-3(FW)は阿部ちゃん(勇樹=浦和ユースコーチ)がアンカー、ハセ(長谷部誠=フランクフルト、今季で引退)とヤットさん(遠藤保仁=G大阪コーチ)がインサイドハーフ(IH)という守備的MFを3枚置く形だったので、右FWの僕が動くエリアは相当に広かった。ボールを持ってもIHのサポートが遅いし、背後にいる右SBのコマ(駒野友一=広島アカデミーコーチ)も守備にかかりっきりで思うようにフォローしてくれない。結局、自分ひとりが孤立した状態で局面を打開し、得点につながるチャンスをつくり、守備にも入らなきゃいけない。今、思うと物凄く負担が大きかった」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変