パリ五輪に行ける人、行けない人…大岩J米国戦で当落線上選手の明暗ハッキリ

公開日: 更新日:

 来月3日に控えるパリ五輪サッカー代表選手発表に向け、最後の強化試合が日本時間12日、米国・カンザスシティーで行われた。

 大岩剛監督率いる五輪代表は、日本時間8日に完全非公開で米国五輪代表と対戦(メンバーなど詳細未発表)。迎えた2戦目は、序盤からペースを握った日本が2ー0のスコア以上のレベル差を見せ付けて快勝した。

 この試合で注目されたのは、代表入りの当落線上にいる選手のパフォーマンスである。

 まずは、現五輪代表立ち上げ時から主力としてプレーしながら、2023年9月のアジア杯予選以降、ほとんど招集されなくなった左FW斉藤光毅(22)と、右FW三戸舜介(21)のスパルタ・ロッテルダム(オランダ1部)のコンビだ。

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が「復活組の2人は明暗が分かれた」とこう続ける。

「左サイドアタッカーの斉藤は、縦と内へのドリブル突破を織り交ぜながら米国選手を翻弄。味方の攻撃系選手との好連係も光り、何度も相手ゴール前に攻め入った。前半6分には相手PA内で浮き球パスを繰り出し、米国DFのハンドを誘ってPKをゲット。日本の先制点をお膳立てした。前半限りでベンチに退いたが、これは<45分で十分に機能することが分かった>という首脳陣の判断。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差