森保J主将・遠藤航が「OA枠」でU23代表にフィットするか、パリ五輪でメダルはあるか

公開日: 更新日:

 サッカーの日本代表(FIFAランキング18位)は11日、北中米W杯アジア2次予選の最終節(第6戦)のシリア(同89位)戦を広島の新スタジアム「エディオンピースウイング広島」で行い、5-0で完勝。2次予選B組を史上初の6戦全勝&無失点(得失点差プラス24)で1位通過し、9月スタートの最終予選に弾みをつけた。

 この日の基本布陣は6日のミャンマー戦と同じ3バック。6日はベンチスタートだったMF遠藤航(31=リバプール)、DFの板倉滉(27=ボルシアMG)と冨安健洋(25=アーセナル)、FW上田綺世(25=フェイエノールト)ら主軸組、別メニュー調整が続いていたFW久保建英(25=Rソシエダ-ド)もスタメン出場。右サイドから何度もチャンスメークし、完全復調をアピールした。

「すでに2次予選通過を決めている森保日本代表にとって、消化試合のシリア戦の見どころに<パリ五輪の年齢制限のないオーバーエージ(OA)枠に選出決定と報じられているMF遠藤、選出の可能性もあるといわれているDF板倉のパフォーマンスはどうだったか?>があった」と、元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

「遠藤はシリア戦で主戦場のボランチの位置から強度の高いプレーで勝利の立役者となった。五輪代表に加わった場合、五輪代表主将のMF藤田譲瑠チマ(22)とダブルボランチとしてコンビを組めば、強力になる。遠藤が欧州でもトップクラスのデュエル力(球際での争い、コボレ球の奪い合いなどの意)を駆使してボールを奪い、攻撃の展開力に優れた藤田にボールを預けてチャンスメーク──といった流れは、大岩剛監督率いる五輪代表にとって大きなプラス材料です」

 遠藤は4バックの真ん中のCBでも、3バックの場合は真ん中と右でもプレーできるのも魅力のひとつ。さらに「五輪の強行日程対策にもなる」とは前出の六川氏。

「五輪サッカーは1次リーグ3試合と準々決勝まで<中2日>の強行軍です。たとえば1人ボランチの布陣の場合、遠藤と藤田チマとを交互に使うターンオーバー制を敷けば、遠藤と藤田チマの消耗を極力少なくすることができる。準決勝、3位決定戦、決勝に向けて遠藤、藤田チマがフィジカルコンディションを落とさないで大会日程をこなすことができれば、悲願のメダル獲得に向けて大きなアドバンテージになるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差