著者のコラム一覧
春日良一五輪アナリスト

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)を主筆。https://genkina-atelier.com/sp/

個人資格での選手参加も判然としない中…組織委から突然排除されたロシア人ボランティアの失望と怒り

公開日: 更新日:

 パリ五輪はどんなオリンピックになるのか? 最大の疑問はロシア人選手の参加が何人になるかだが、いまだに謎である。

 参加は個人種目に限られるが、競技力の高い彼らの活躍は五輪が至高の総合競技会であるためには欠かせない。

 五輪理念上も、所属国家の政治性を超えて参加するロシアの「中立的選手」は貴重な存在だ。それが国際オリンピック委員会(IOC)やパリ五輪組織委員会の本音だろう。

 出場資格のあるロシア選手が最終的にどういう決心をするのか? 資格停止中のロシア五輪委がどう出るか? しかし、現段階でハッキリしていることがある。それはパリ五輪にロシア人ボランティアは今のところ存在しないということだ。

 オリンピックボランティアは五輪運営の生命線であり、重要な役割を果たす。彼らの存在がオリンピックを支えてきた。無報酬で五輪運動に関わる名誉だけで献身的に働く人々である。

 組織委は4万5000人のボランティアを募集した。

 数十人のロシア人も応募し、いったんは採用が決まったにもかかわらず、取り消されたというのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変