パリ五輪出場決定 女子バレー日本代表“ガチンコ対決”で露呈した勝負弱さ カナダに2セット先取からまさかの逆点負け

公開日: 更新日:

 パリ五輪の出場権を獲得したバレーボール女子の日本代表。13日の「ネーションズリーグ」のカナダ戦はフルセットの末、逆転負けを喫した。

 今大会、世界ランキング1位のトルコを撃破。同2位のブラジルには敗れたものの、フルセットに持ち込む接戦を演じ、格上相手に互角に渡り合っているが、バレーボールに詳しいスポーツライターは、「日本は健闘しているとはいえ、今大会は参加国間で温度差があります」と、こう続ける。

「フルメンバーで戦う日本とは違い、パリ五輪出場を決めているトルコ、セルビアなどは主力を温存して臨んでいます。五輪本番に備えてチームを底上げするため、若手を積極的に起用している国もある。中でも、金メダル候補のセルビアは、主力どころか控え選手も派遣せず、国内の『三軍メンバー』で戦っている上に、代表を率いるジョバンニ・グイデッティ監督も同行していない。あくまで調整の場と考えているからです。いくらトルコに勝ち、ブラジルと接戦を演じたといっても、割り引いて考える必要がある。実際、この日は五輪出場権を争うカナダに、地元開催で逆転負け。勝負弱さが露呈したのは確かです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる